DLL 修復ツール

DLL が見つかりませんでした?

あなたがDLLのエラーに直面しているときは、 DLLの修復ツールが必要になります。

このウェブサイトで紹介ツールは、MicrosoftのWindows 7、Windows 8 、 Windows VistaおよびWindows XPと互換性があり、それを修復DLLが見つかりませんでしたは、 SYSブルースクリーン、 EXE CPU使用率が高く、かつ無料でダウンロードDLLファイル。

これは、デンマーク語、ドイツ語、ギリシャ語、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、日本語、オランダ語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、フィンランド語、スウェーデン語、トルコ語、タイ語、繁体字中国語を含む18言語をサポートしています。


DLL は何ですか?

一般的に、 DLLは、DLLの拡張子、 exe拡張子、 SYS拡張とDRV拡張子を持つファイルが含まれています。

dllファイル拡張子を持つDLLは、 DLLファイル、あなたが受け取ったエラーのほとんどはこれらの種類のファイルによって引き起こされるのは大きな割合を占めている。

exeファイル拡張子を持つDLLはシステムからの注文の執行を担当しています。 EXEファイルでのエラーは、コンピュータを遅くすると、簡単にウイルスやスパイウェアに感染することができます。

SYSとDRVで DLL拡張子も本当に不可欠とシステムのコアに影響を与えるには十分であっても不可欠です。ブルースクリーンエラーは、通常、 DLLファイルのこれらの2種類から生じている。



スクリーンショット

    DLL 修復ツールスクリーンショット


システム要件

!
  • オペレーティング システム: Windows 8/7/Vista/XP, 32 ビット と 64 ビット
  • CPU のクロック速度が 1G MHz 以上
  • 1GB 以上の RAM を搭載したコンピューター
  • 500 MB のハード ディスクの空き容量


トップ 10 DLL のエラー

!